114点とった TOEFL(R) テスト 対策 〜テンプレート編〜

TOEIC words

TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Sercice (ETS). This site is not approved or endorsed by ETS.


テンプレートはこうやって手に入れる、こうやって使う

時々TOEFLの勉強会など感じることですが、半ば盲目的にテンプレート、テンプレート、となっていてテンプレートさえあればTOEFLの点数が自動的に上がるかのような錯覚を持っている方が結構いらっしゃるようです。そうではありません。まずどこでどの様なテンプレートを入手したのかということも大事ですし、そのテンプレートをどの様に使うのかというのも重要な要素です。

まず、どのようにテンプレートを手に入れるかですが、最も理想的なのは、例えば Writing のテンプレートですと、Writing のスコア5のサンプルエッセーを見つけてきて、それを土台に自分でテンプレートを作る(できればそれをネイティブに添削してもらう)というやり方です。

問題:
Do you agree or disagree with the following statement Television, newspapers, magazines and other media pay too much attention to the personal lives of famous people such as public figures and celebrities.

回答:
I agree with the given statement that various media including TV, newspapers, and magazines focus too much on the life of celebrities. I would like to explain three specific examples that support my opinion in the paragraphs below. 
(ボディーパラグラフに続く。)

 
これは私が書いたことのある TOEFL エッセーの実際の文章です。(全文はこちらから無料でダウンロード
これはスコア5だったエッセーです。こういうエッセーを元に、スコア5を取るためのテンプレートを作ることができます。エッセーの出題内容が変わったとしても、殆どの場合固定できるであろう場所は結構あります。

 

I agree with the given statement that various media including TV, newspapers, and magazines focus too much on the life of celebrities. I would like to explain three specific examples that support my opinion in the paragraphs below.

 

薄い灰色の部分は問題の内容によって各内容も変わってきますが、正直なところそれ以外の部分というのは殆どの場合、どんな問題内容であったとしてもこのまま変えなくても使えます。これでテンプレート(の一部)はもう完成です。このプロセスで、例えばボディーパラグラフだと、To begin with, the advantage of __ is that it is ___ ___ ___. On the other hand, ___ . とある程度問題の形式には左右されますが、元となるエッセーがあれば何パターンもテンプレートを作ることができます。

この作り方は自身が過去先生に習った方法なので私のオリジナルというわけではないのですが、テンプレートというのは「どうやって使えばいいかわからないものは持っている意味がなく、こうやってテンプレートを自分自身で作っていけば、そのテンプレートをどの様な問題に対しどの様に使っていけるかクリアに分かる」、という教えというか、理由です。ベストなテンプレートの入手法は「自分で作る!」です。できればそれをネイティブに直してもらうと表現の自然さや精度も上がっていいかと思います。

自分なりにテンプレートを変えてみる (これが大事)

自分で作ったテンプレートでも、どこかでダウンロードしたテンプレートでも、テンプレートの表現を色々変えてみるというのはとても重要なことです。もとは他人が書いたエッセーをもとにしたテンプレートだったり、ダウンロードしてきた既成の物ならもともと他人が作ったテンプレートなわけですから、いろんな意味でラフですし他の人もそのテンプレートを使う可能性はあるわけです。使用したテンプレートの重複で点数が没収という話は私の知る限りでは聞いたことはありませんが、自分の英語表現力を豊かにするという観点からも、目の前にあるテンプレートは少しずつ変えてみることがお勧めです。

元のテンプレート:
I agree with the given statement that various media including TV, newspapers, and magazines focus too much on the life of celebrities. I would like to explain three specific examples that support my opinion in the paragraphs below.

自分なりに表現を変えてみたテンプレート:
I agree with the statement given in this question that various media including TV, newspapers, and magazines focus too much on the life of celebrities. I would like to explain three reasons to support my preference in the paragraphs below.

特に大きく文章の構造自体が変わっているわけではありません。もともとの文章の構造はそのままで少しだけ変えられそうな部分を変えたものです。意味も変わらないよう変えていますが、今回の例では opinion が preference になっているのでその部分だけは若干意味が違っているかもしれません。しかし考えてみてください。TOEFL ではよく、「Do you prefer option-A or option-B?」 みたいな問題ってたくさん出ますよね?option-A か option-B かどちらがより望ましいですか?これに対し option-A の方が望ましいと思います、というのは opinion というよりは preference です。自分でテンプレートを少し変えるという事ををしている人は、TOEFLテスト本番でどんな問題がきても、今回のように微調整して対応することができます。やはり、自分なりにテンプレートを変えてみる、というのはテストで点数を上げるために重要なことです。

 

有料/無料コンサルティングのご相談はこちら

トップページに戻る場合はこちら




執筆者:益田かなえ  執筆者連絡アドレス:masuda●hire-fire.biz(●を@に変えて下さい)

Copyrights, 資格テスト実践レポート All rights reserved